学校訪問記

神田女学園中学校高等学校

神田女学園中学校高等学校の塾対象説明会に参加してきました。

 

【学校までの道のり】

駅から学校まで歩いて向かいましたが、途中にはオフィス街や日本大学経済学部のキャンパスが存在するなど、皆さんが「都心の学校」と聞いて想像する風景が広がっています。しかし、学校付近に到着すると周囲には静かな環境が広がっており、十分に、勉強や学校生活に集中できることが分かりました。

 

【説明会でのPRポイント】

 説明をお聞きして、神田女学園中学校高等学校の大きな強みであると感じたのは「外国語教育」です。日本人にとって、外国語=英語 というイメージがあるかと思いますが、神田女学園中学校高等学校では、英語の他に「中国語」「韓国語」を学習することができます。これからのグローバル社会において、外国語というツールを持つことは、大きなチャンスにつながります。自分自身の未来を切り開くことのできる女性へと成長するため、外国語教育に力を注いでいる学校です。

 

 

【大学進学実績】

 近年、全国的に看護・医療系への進学に人気が出ており、入試における難易度も上がってきています。これは神田女学園でも同様であり、早い時期から看護医療に携わる者としての適性や心構えを認識するためのガイダンスが行われています。小論文や面接対策、一般入試の学科対策を、学年ごとに計画的に実施しています。自分の希望する道についての理解と興味を深め、進路を決定する一助としています。

 

【入学試験】

2016年度入試から新たに「グローバル特進クラス」が設置され、英語教育に特化したクラスが始まります。中学3年生までに英語検定準2級以上。高校卒業までに英語検定準1級という高い目標に向かって、日々の学習に取り組むクラスです。英語の授業はすべてAll Englishで行われるため、常に英語に触れる環境で学習することができます。英語に興味のある生徒にとってとても魅力的なクラスですが、受験する場合には、基礎学力検査に加え英語による試験が行われています。難度は英語検定4級程度に設定されているため、早い段階からの準備が必要となります。全得点の内約40%がリスニングであり、英会話を勉強していた生徒にとても有利な試験です。

 

【学校の特徴】

学んだ外国語を活かす舞台として、様々な留学・海外研修の機会が設けられています。特に、長期留学は日数的にも金銭的にもハードルが高いですが、短期間の語学研修も豊富にそろっています。2週間のアメリカ語学研修や、10日間の台湾語学研修。1週間の東南アジア方面千代田区地球市民ツアーなどは、毎年多くの生徒が参加しています。外国語というツール(道具)を持っていたとしても、それを使うことができなければ意味がありません。苦労して習得したツールを使い、自己の可能性・進路の幅を広げることが神田女学園の願いです。

 

【まとめ・総括】

神田女学園中学校高等学校は明治23年に創立、2015年には125年目を迎える歴史と伝統ある女子校です。長い歴史の中で育まれた教育方針として「恕(じょ)の精神」があります。聡明で堅実であること。他者への思いやりの心を持つ女性の育成を目指して、日々の教育が為されています。そして、これから迎えるグローバル社会においては、例え豊かな「恕の精神」を有する女性であったとしても、それを言葉として伝えることが必要になります。神田女学園中学校高等学校での日々は、新たな時代で活躍することのできる女性となるための時間となるでしょう。