学校訪問記

三田国際中学校高等学校

三田国際学園中学校・高等学校の塾説明会に参加しました。

 

【学校までの道のり】

最寄り駅である東急田園都市線「用賀」駅から校舎まで徒歩5分の立地にあります。住宅が密集する地域を抜けると、校舎の周囲には桜や梅などの樹木に囲まれた、落ち着きある空間が広がっています。特に教室棟など各棟に囲まれた「パティオ(中庭)」は、広々とした芝生が広がる、生徒たちの休憩スポットです。勉強の合間に外に出てリフレッシュするなど、生徒の憩いの場として利用されています。

 

 

【説明会でのPRポイント】

三田国際学園中学校・高等学校で授業では、生徒に「Contribution(貢献)」が求められます。自分自身の意見を持ち、授業の中で自分の意見を表明することこそが、クラス全体の学びに貢献できるという考え方です。このような、教員と生徒との相互通行型授業を成立させるために「トリガークエスチョン」があります。教員は、各単元の重要なテーマに対して決定的な興味・関心を引き出すきっかけとなる問いを投げかけ、生徒の知的好奇心を刺激します。教員の役割は論点を整理し議論を導くファシリテーターであり、生徒一人ひとりが主役となる授業が行われています。
 トリガークエスチョンの実例として、下記のような問いがあります。
「1枚の5円玉で地球の質量を量るにはどうしたらよいか(理科)」
「(割りばしのような)1本の棒で、地球の円周を測るにはどうしたらよいか(社会)」
「あの歌の歌詞はなぜ心に残っているのか(国語、文法「助詞」)」
それぞれの問いに明確な答えはありません。生徒には「発送の自由人」となってもらい、世界に通用する「考える力」を身につけてもらうことが目的です。

 

【大学進学実績】

進路指導の方針に「なりたい自分・学びたい学問」に出会うことがあります。自分と向き合うことからスタートして【自己理解】【職業研究】【学問研究】を段階に合わせて行っていく。この連続したプロセスの中で「なりたい自分・学びたい学問」のイメージを鮮明にさせることで、日々の学習や大学受験への準備がしっかりと動機づけられ、大きな推進力となります。きめ細やかな指導で生徒の夢を叶えるキャリア教育が展開されています。
 三田国際学園中学校・高等学校は2015年に改称した学校であるため、大学進学実績がまだありません。しかし、2年後には多くの難関大学に合格者を送り出す学校になっているでしょう。

 

【入学試験】

2015年度入試の結果は、出願者数2120名・受験者数908名・合格者数418名・入学者数246名。5回まで同額で受験することが可能なため出願者数は多くなりましたが、それを差し置いても、900名を超える受験者数は人気校である確かな証明となっています。
 入試問題を見ると、得点比率の25%に当たる配分で「思考問題」が問われています。資料やデータなどから自分の考えを記述する問題が問われており、こえは三田国際学園にて取り組む「相互通行型授業」への適性を見る問題となっています。問題形態が独特であるため、初めて問題を解く生徒は面喰ってしまう可能性があります。夏以降の説明会にて、サンプル問題や問題傾向の解説が行われるので、受験を検討される方は、参加をお勧めします。

 

【学校の特徴】

先進的なICT教育に取り組んでおり、その具体的な事例として、繰返し型学習システム「r-Test」が行われています。「r-Test」とは、iPadを活用した基礎学力定着のためのプログラムであり、学力定着に必要な「Return=さかのぼる」「Repeat=繰り返す」「Root=定着させる」の頭文字を取ったものです。
朝学習の時間に、各自のiPadから「r-Test」のシステムにログインし、それぞれ問題に取り組みます。その場で合格・不合格の判定が出され、不合格だった場合には繰り返し同じ問題や類似問題にチャレンジしていきます。
「r-Test」のメリットとしては、生徒の基礎力向上以外にも、教員が生徒の成績状況を逐次把握できるため、学力の落ち込みが見られる生徒には必要に応じたフォローアップ授業を課すことができます。「r-Test」には過去6年分の問題データが入っており、苦手単元の克服や、興味のある分野の先取り学習としての利用も可能です。生徒の積極的な自習学習を応援するツールとして、様々な場面で活用されているシステムです。

 

【まとめ・総括】

三田国際学園中学校・高等学校と聞いて、初めて聞く学校だと感じた保護者の方も多いと思います。2015年に「戸坂中学校」「戸坂女子高等学校」から改称した学校であり、三田国際学園中学校・高等学校としては、今年が1期生となります。前身学校から続く100年近い歴史を尊重しつつも、相互通行型授業やICT教育などの21世紀型の新しい教育にも取り組む、新しい時代に対応した学校です。