教育理念

「知識」と「体験」を両翼とし、高く羽ばたける人財を育成


  私たちは進学塾です。従って、成績を上げ志望校に合格させることが、私たちに課せられた第一の使命であることは論を待ちません。 そして私たちファインズの実力教師陣は必ずそのご期待に応えることができると自負しています。 しかし、私たちは目前の受験に合格するための知恵・ハウツーだけを押し込む塾ではありません。また、そうはなりたくないと思っています。

  まず、私たちファインズは、受験を前向きに捉えたいと思います。 「受験」は社会生活の一員として、またビジネス社会の新人材として体験しなければならない一つの通過点=「自己実現の場」と積極的に捉えなおしていきたいと考えています。 「夢を抱き、目標を定め、努力する」。スポーツや芸術に励むのと同じように、「あの制服に袖を通したいな」「この学校でサッカーをがんばりたい」「お父さんの母校で勉強したいな」という子供らしい夢から始まり、 「世界平和に貢献できる仕事をしてみたい」「不治の病をなくすため医者になりたい」という目標に向かい、努力することの大切さと、学習することの楽しさをぜひ感じてもらいたい。 自分で問題点を見つけ、解決できる「生きるカ」を養い、「考えられる人間」を育てたいと願っています。

  そのためには、「記憶する」ことより「考える」ことにウエートをおくべきだと考え、「四自の教育」(自主自立、自己実現、自発能動、自調自学)を教育理念として掲げています。 これまでの勉強はあまりにも「知識偏重」過ぎたため、「勉強ってつまらない」と子供たちに感じさせてしまい、「創造性の芽」を早い段階からつぶしてしまいました。 この「考える」という創造性を育むには、 自然と触れ合うのが一番だと私たちは考えます。私たちは本来無知な存在です。だからこそ、自然・世界をよく理解するために学ぶことは必要です。 私たちが生きている「環境」「自然」を直接知るという体験なしに、知識だけを獲得してもあまり意味はありません。 そして自然の仕組みを正しく理解するには考えるカ=知識が必要なのです。 「体験」と「知識」この二つは車の両輪なのだと、私たちファインズは考えます。