国分寺ブログ

You Are Currently Here:Home > ブログ > 国分寺ブログ
17 09, 2022

【コラム㉗】センチュリー・プラント

By |2022-10-21T14:48:21+09:002022年09月17日|Uncategorized, 国分寺ブログ|0 Comments

100年に一度しか咲かない花という意味で「センチュリー・プラント」と呼ばれる「アオノリュウゼツラン」ですが、実際には30年~50年くらいで開花するそうです。 成長時は人の背丈ほどもない、大きなアロエのような肉厚でトゲのある葉を広げていますが、開花が近づくと、中心から一本の木のような茎を遥か見上げるほどに高く伸ばしていきます。 開花準備の始まっていないアオノリュウゼツランの葉(サンプル写真) 今回紹介するのは、沖縄県那覇市首里にある世界文化遺産「園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)」のアオノリュウゼツランです。 園比屋武御嶽石門の向かって右手に移植された「アオノリュウゼツラン」 1986年にこの場所に移植されてから36年目、2022年6月に高く茎を伸ばして開花準備が始まったことを知らされ、8月下旬に訪沖予定があったぼくは大きな期待を寄せていました。ところが、8月に入ってすぐに、ついに開花したとのニュースが流れ、タイミングが合わなかったことに一時はがっかりもしました。 けれども、8月25日に首里城を訪れてみると、何とアオノリュウゼツランの花はまだ咲き続けていたのです。  園比屋武御嶽石門とアオノリュウゼツラン 守礼門をくぐって歓会門へと向かう緩やかな坂道の途中に園比屋武御嶽石門はあります。 写真は2022年8月25日の園比屋武御嶽石門で、右手に高く伸びているのがアオノリュウゼツランの花です。過去に一度も開花の記録がないことから、1986年にこの場所にアオノリュウゼツランが移植されて以来、記念すべき初の開花となります。 ......

12 09, 2022

【アーカイブ⑰】頑張る君の応援団

By |2022-10-21T14:52:20+09:002022年09月12日|国分寺ブログ|0 Comments

学校の教科書でも塾のテキストでもいい、それが職業である学校の先生や塾の講師を除けば、大人になってから必要に迫られて自分自身のためにそれらを読み解いている人はいません。中学受験を間近に控えた小学6年生が、一生懸命に九九を勉強しているなどということもありません。なぜでしょう。 人との出会いも同じことですが、物事にはタイミングというものがあります。そのタイミングを逃してしまえば、人生のある瞬間における自身の可能性を狭めてしまうことすらありうるのです。中3になって慌てて中2のテキストを引っ張り出して復習するような生徒も中にはいるけれど、基本的には、中2のテキストは中2で出会って、理解できたかどうかにかかわらず、たった一年間しか付き合えない、そして、やがて手放してしまえば二度と出会うことのかなわない大切なものなのです。 九九を正確に覚えた生徒に、二桁や三桁の掛け算、あるいは割り算という新しい世界が開けてくるように、中1の時には中1の、中2の時には中2の学習内容を正確に理解できた生徒にだけ、受験という自分自身を試すための新しい展望が開けてくるのです。中3になってからではタイミングを逸してしまう大切なことが中1や中2、それぞれの一年間に用意されています。それらを正しくクリアしないで過ごしてきた生徒の夢が絵空事で終わる可能性は、残念ながら高いと言わざるを得ません。 「いつか」ではなくて大切なのは「今」です。自分自身のために努力することが、仮に何の自慢にならないとしても、努力しないことに比べて努力することが恥ずかしいことであるなどということは決してないのですから。ましてや頑張っている人を遠くから眺めて冷笑したりするつまらない人間にだけはなって欲しくないのです。 受験勉強は、人生に欠かすことのできない本当の勉強ではないかもしれないけれど、それすら挑戦できるタイミングというものがあります。その資格を有している「今」、それぞれの夢の実現のために自分自身を奮い立たせなくて、一体いつするというのでしょう。「今」を逃したら手遅れになるかもしれない大切なひとつひとつのことと、日々真剣に向かい合う君であって欲しいと願っています。 Finesは、そしてぼくは、頑張る君の応援団です。人の目など気にせずに額に汗する君を、応援しないではいられません。 文責:石井

8 09, 2022

【暦の話⑲】重陽の節句~中秋の名月

By |2022-10-21T14:49:34+09:002022年09月08日|Uncategorized, 国分寺ブログ|0 Comments

去年もこの時期にご紹介しましたが、9月9日は菊の節句でもある「重陽の節句」です。 続けて9月10日(土)は旧暦の8月15日、「中秋の名月」となります。 マクドナルドでは、9月7日(水)から、毎年恒例の「月見バーガー」が販売開始されています。 今年は女性ボーカルグループ「Little Glee Monster」とのコラボレーションで、月見バーガー3種のいずれかを購入して、包み紙の「月見バーガー」の文字をマクドナルドの公式アプリで読み込むと、目の前にARのリトグリが表れて「三日月」の美しいコーラスを聴かせてくれるというサービスが付いています。 9月10日(土)は気象庁の予報では「曇り」。雲の多さによっては折角の中秋の名月も眺めることはかないません。 そんな時は、マクドナルドの「月見バーガー」を買って、満月のステージの上で「三日月」を歌うLittle ......

6 09, 2022

【コラム㉖】ガンガラーの谷

By |2022-10-21T14:49:04+09:002022年09月06日|Uncategorized, 国分寺ブログ|0 Comments

沖縄県南城市にある「ガンガラーの谷」。 太古の昔、鍾乳洞の天井が崩落してできた谷に光が差し込んで、長い時間をかけて亜熱帯原生林を形成しました。その面積は14500坪とも言われています。 残された鍾乳洞の一部が谷への入り口になっていて、薄暗い闇を抜けると太古の亜熱帯植物群落が広がり、時間も空間も現実離れしていて、まるでタイムリープしたような錯覚に陥ります。 残された鍾乳洞の一部が雨風を防ぎ、鍾乳洞が形成された原因ともなる水脈があることから、この場所が古代人の住居になっていたという可能性が指摘され、実際に魚の骨を加工した釣り針や埋葬された人骨も発掘されています。 現在は観光スポットのひとつとなっていますが、この谷の価値を知るにはどうしても解説が必要となります。けれども要所要所に解説板を立てたのでは、太古の自然を目撃するためのノイズになると考えて、専門のガイドによるツアーの形式を取り入れたのだそうです。見学はガイドツアーのみで予約が必要となります。 飲み物代(出発までの待ち時間に鍾乳洞の入り口となるケイブ・カフェでいただくフリードリンクと、出発の際に一人一本渡される「さんぴん茶」の水筒)と保険料込みのガイドツアー料金は2500円です。学生は学生証の提示で1500円に、また保護者同伴の小学生以下は無料となっています。 ツアースケジュールは1日4回(10:00~、12:00~、14:00~、16:00~)ですが、予約がいっぱいになると、それぞれ前後の時間帯に臨時ツアーが組まれます。 沖縄にお越しの際には、是非「ガンガラーの谷」も訪れてみてください。 聞こえるのは風の音、水の流れ、鳥のさえずり……。 ......

1 09, 2022

2022年度第2回 英検対策オンライン講座

By |2022-09-09T14:51:57+09:002022年09月01日|国分寺ニュース, 国分寺ブログ|0 Comments

英検の対策が自宅でも徹底的にできます。   ファインズ英検対策オンライン講座   Zoomを使って自宅でファインズの授業を受けられます。 英検の合格に必要な学習方法に【3つのテクニック】があります。 ①語彙力強化に必要なこと…  ②頻出文法に関すること…  ③点数配分に関すること… 市販の過去問題集をやるだけでも合格の可能性は50%です。プロの英検対策を受けることで、その可能性をグッと上げましょう!   準2級~4級まで各級7名までとなっております。 ......

18 08, 2022

【アーカイブ⑯】ナイトハイク in Summer seminar

By |2022-10-21T14:53:13+09:002022年08月18日|国分寺ブログ|0 Comments

 その日は夕食の後、インストラクターに案内されて宿舎を出発し、夜の森を抜けて近隣の牧草地までおよそ一時間程度のハイキングをする予定でした。が、朝からあいにくの雨模様で、ナイトハイクはその開催すら危ぶまれたのでした。  暇を見つけては空模様を確かめるスタッフをあざ笑うかのように、2階のテラスからは宿舎周辺のクローバーの群落と、その向こうに広がる森を蔽(おお)い隠すほどに深い霧のような雨が見えるばかりでした。  ところが、半ば諦めかけた夕食後、一体誰の粋な計らいか一転して雨は止む気配を見せ始め、ついに希望者のみという条件付きながらナイトハイクは決行の運びとなったのです。  まずは教室で30分程スライドを使った事前学習会です。そこでKeep自然学校を中心とする清里の四季折々の自然に関するレクチャーがあって、狐や鹿、天然記念物であるヤマネの生態などが紹介されていきます。清里に住んでかれこれ四年になるというインストラクターは、時間さえあれば野山を巡って動植物の営みを観察するアウトドアの申し子のような女性です。例えば雪の上に動物の足跡を見つけた時などは感動のあまり身動きさえとれなくなるほどだと、自らの清里という自然に寄せる思いのたけを語ってくれました。その彼女が宝物だといって見せてくれたのは春先に森の中で拾った二本の立派な牡鹿の角。牡鹿の角は春先に生え変わるのだそうです。  さて、大切なレクチャーを終えたぼくらは、いよいよ玄関前に集合し、ナイトハイクに出発です。宿舎を出発した一行は、まずクローバーの草原に踏み込み、夜間はすっかり葉を閉じて眠るというクローバーの生態を紹介されました。懐中電灯をつけて生徒たちの足元を照らすと、初めて見る、葉を閉じたクローバーの見慣れぬ姿に小さな歓声が上がります。しゃがみこんで手を触れてみる生徒もいて、単純なようですが、それですっかりナイトハイクの世界に入り込んでしまったのです。見事な掴(つか)みだと感心していると、おもむろに彼女が話し始めます。 「みなさん、ひとつ聞いて欲しいことがあります。これから私たちが入っていく世界は、本来人間の住む世界ではありません。野生の動植物が暮らす世界なのです。今晩私たちは、そこへほんのちょっとお邪魔させてもらうのだということを忘れないで欲しいのです」  なんだかしっかり授業のようになっていることに笑みがもれます。  それから懐中電灯を消して、足元も危うい真っ暗な細道を、彼女の後をついて一列になって進みます。そうして森を抜けたところが牧草地になっているらしく、少しずつ闇に慣れてきた目にがらんと開けた空間が感じられます。その辺りは夜間ともなれば野生の鹿や狐や兎などが出没するポイントであるらしく、懐中電灯の明かりをぐるりと回すと運がよければ闇の中に動物たちの眼が光って見えるという話でしたが、この晩は雨上がりの深い霧が立ち込めていて、残念ながら出会うことはかないませんでした。 興味深かったのは、動物たちの光る眼の色の話です。「赤いきつねと緑のたぬき」といえばカップ麺のタイトルですが、実際にキツネの目は赤く光り、タヌキの目は緑色に光るのだそうです。気になって「鹿の目は?」と尋ねると「白く光ります」とのこと。また、光る目の高さ(体高)によってもどの程度の大きさの動物であるかは判断できるということでした。  少しばかり落胆する生徒たちを励ますように、彼女は森陰の木に絡みつく蔓性の植物を山葡萄だと紹介してくれました。今は実こそ成っていないものの、葉っぱを噛むと山葡萄の味がするのだといって幾枚かの葉を採って生徒たちに配ってくれます。ぼくも早速一切れを分けてもらって噛んでみたところ、青臭い植物の味に混じって確かに葡萄の後味に似たかすかな酸味がしました。 ......

17 08, 2022

【お盆特訓レポート】8/17 最終日

By |2022-08-18T23:10:39+09:002022年08月17日|国分寺ブログ|0 Comments

お盆特訓の全日程を終了しました。   一人一人が自身の課題と向き合う。受験生としての本当の姿を追い求める。 初日開始時点では考えられないような行動と言動がどのクラスでも見られるようになり、まさに「進化の場」として会場にいる全員が作り上げた最終日でした。 最後の授業、最後のテスト、そして最後の自立学習と続き、いよいよ表彰式。 全ての生徒が自分を超えていく経験をしましたが、テストの結果として表彰を受けられるのは数名だけです。入試でも同様に、1点の差で合否が決まることもあります。 今回、見事表彰された生徒は、引き続き少しでも高い順位となるよう努力を続けてください。 惜しくも表彰に届かなかった生徒は、表彰を受けた生徒たちを超える努力をして、ぜひ入試ではライバルより上にいられるようにしましょう。 <表彰者> 国分寺スクール生 ◯小6E1クラス ......

16 08, 2022

【お盆特訓レポート】8/16 四日目

By |2022-08-17T13:25:31+09:002022年08月16日|国分寺ブログ|0 Comments

お盆特訓は四日目の日程を終了しました。   生徒たちの眼差しが数日前とは大きく変わりました。 テストの点数に対する意識も変わりました。 休み時間の過ごし方も変わりました。 毎日少しずつ“受験生”に進化している生徒たち。 誰一人残らず、やり切ったことを実感してほしい。最後の一瞬まで気を抜かずに戦い抜こう。   お盆特訓 残り24時間。   ......

15 08, 2022

【お盆特訓レポート】8/15 三日目

By |2022-08-15T21:46:51+09:002022年08月15日|国分寺ブログ|0 Comments

お盆特訓は三日目の日程を終了しました。   これまでの二日間で感じた悔しさや、もっと出来るはずという後悔をバネに今日を迎えました。 生徒たちのリフレクションシートからは「まだ集中できていなかった」「もっと目標を意識したい」という気持ちが読み取れます。 必死に成長しようとする生徒たちの姿に、教師たちの教鞭にも力が入ります。 私たち教師は生徒の皆さんに大いに期待と願いを込めて指導にあたっています。まだまだ上を見て戦って、自分の限界に挑戦をしてもらいたいものです。 残す時間はたった二日間。   <生徒が書いたリフレクションシートより> ・自分が相似が苦手なことがよく分かった。 ......

14 08, 2022

【お盆特訓レポート】8/14 二日目

By |2022-08-14T21:58:43+09:002022年08月14日|国分寺ブログ|0 Comments

お盆特訓の二日目の日程が終了しました。 今日からはいよいよ本格的に授業がみっちり6コマ続きます。 そして、一日目の授業内容を踏まえた確認テストも実施されました。 見事、成績優秀者に名前を連ねることが出来た国分寺スクールの皆さん、おめでとうございます。 残念ながら今回は届かなかった生徒も、まだあと2回あるテストにぜひ励んでください。   <生徒が書いたリフレクションシートより> ・昨日より集中して取り組むことが出来た。 ・昨日の夜に夜遅くまで勉強しすぎて午前中は眠くなってしまった。 ・何度も練習した問題がテストに出たので、良い点が取れた。 ......

Go to Top