そろばんで育てる右脳の力。

そろばんは、能力発達のための動作を短時間で繰り返し行うことにより、「勘」「ひらめき」「直感力」を育てることができます。通常の計算では、一般に左脳を働かせますが、そろばんは、右脳を刺激し、鍛えることができる特別なプログラムです。

募集学年 年長~小6

時  間 月曜日~金曜日
(時間帯につきましては各校舎にお問い合わせください。)

 

 

 

受験に役立つ「そろばん」教育

人間は目で見た情報を脳に伝え、自分の身体を使って行動します。行動した結果を見て、また脳が動き、次の行動をします。こうして人間の脳はどんどん発達していきます。 中でも人間の指先は脳に直結した感覚器官であり、「外部に出た脳の一部」といわれます。同じく脳に直結した器官である目で数字を読み取り、考え、指を動かし検証をするのです。 そろばんは、この能力発達のための動作を短時間で繰り返し行います。これを繰り返しパターン化することで「勘」「ひらめき」「直感力」などが育ってきます。 一般的に計算は人間の左脳を働かせるのですが、そろばんは右脳を働かせ、そして鍛えることができるという特別なプログラムです。これにより「計算力」はもちろん「想像力」「集中力」も身につきます。潜在的なIQ自体が高まるという実験結果も出ています。これらの能力が「受験」に役立つことは言うまでもありません。そして右脳が発達しやすい小学3年生までにそろばんに親しむことが大変効果的です。2~3級を目指し、到達したらそこから本格的に受験勉強を始めましょう。 その効果が絶大なことは、ピコの卒業生たちが実証しています。

子どもたちのIQが上がった!!

百マス計算で有名な陰山英男先生(立命館小学校副校長)によると「平成16年9月から土堂小学校1年生にそろばん学習を導入。そろばん導入が脳にどのような影響を与えているかを調べてみると、なんと知能指数平均が118と信じられない高さまで上がっていました。」 (著書「学力の新しいルール」文藝春秋刊より)

ファインズグループの指導

ファインズグループは「そろばん塾ピコ」と連携し、お子様の指導にあたります。 日本珠算連盟主催の問題集を利用して、商工会議所検定にも対応していますので、3級以上は商工会議所の検定試験に、4級以下は毎月の検定にチャレンジすることができて認定証も受け取ることができます。小学校2年生でも1年間の段階的な練習により3桁の暗算(6回の足し算)を確実に行えるようになります。 また、そろばんを修得することにより、学校の基礎を確かなものとし、将来の受験で大きな力を持てるようになり、同時に「集中力」「想像力」も身につきます。 是非、この機会にそろばんを始めてみませんか。

Q&A(よくある質問と解答)

毎月の受講料は週2回で6,600円(税込)、週1回の場合は4,400円(税込)です。その他には、入学金が11,000円(税込)、教材費1,100円(税込)がかかります。 教材費は、進級するごとにかかります。

数字が読めて、書ける場合には、可能です。 また、一人でもちゃんと座って先生の指導を受けられるお子さんであれば、 お申し込み頂けます。

その必要はありません。ご自分のそろばんをお使いください。

もちろん、いらしていただいて結構です。ただし、最初にどこまで習得されて いるか指導員がチェックさせて頂きますので、現在の級とは違う級でのスタート になる可能性もありますので、ご了承ください。

1回体験することは出来ます。ご都合のよろしい曜日と時間帯をお申し出ください。

普通の計算は左脳でおこないますが、そろばんを習い始めると、右脳でイメージ した計算として処理します。そろばんを習っていくと、国語力がアップした、と いう話も多く聞きます。

他の曜日に振り替えることができますので、ご相談ください。

週2回のほうが割安になりますが、週1回の場合には、進級に時間がかかることになりますので、ご了承ください。