ブログ

You Are Currently Here:Home > ブログ
1 07, 2022

7月ワクワク体験教室「カルメ焼きを作ろう!」

By |2022-07-01T16:19:22+09:002022年07月01日|国分寺ニュース, 国分寺ブログ|0 Comments

7月の「ワクワク体験教室」 おそらくどこの家庭のキッチンにもあるはずの「重曹」の物質名は「炭酸水素ナトリウム」。 熱を加えると「炭酸ナトリウム+水+二酸化炭素」に分解します。 その性質を利用して、ホットケーキやスポンジケーキをフカフカにふくらませます。 今月の「ワクワク体験教室」は、この重曹を使って「カルメ焼き」を作ります。 上手にふくらませてサクサクのカルメ焼きを作るには、ちょっとしたコツがいります。 さあ、みんなでチャレンジして、おいしい「カルメ焼き」を作りましょう。 ①炭酸水素ナトリウムの熱分解について学ぼう! ②カルメ焼きを作ろう! ※その場で試食もできますが、パックに入れてお持ち帰りもできます。 ......

24 06, 2022

【イベント情報】7月「夏季公開テスト」「夏の早得キャンペーン〆切」

By |2022-06-21T15:34:28+09:002022年06月24日|国分寺ニュース, 国分寺ブログ|0 Comments

夏休みは「目標」を持って勉強しよう。 準備は7月にするのがポイント!   7月のイベントの申込はこちらから お問い合わせフォーム(24時間受付) : https://fines-group.com/contact/ お電話での問い合わせ(13:30~19:00受付) : 042-320-2120   【7月イベント情報】 7月2日(土) 2022年度第1回 漢検 検定日 ......

23 06, 2022

【アーカイブ⑪】沖縄慰霊の日に寄せて

By |2022-06-24T14:25:50+09:002022年06月23日|Uncategorized, 国分寺ブログ|0 Comments

この季節になると思い出すことがあります。 それは二度目に沖縄を訪れたときのことです。 はたしてぼくにそんな資格があるのかどうかという大きな不安を抱えたまま、かつて「ひめゆり学園(沖縄師範学校女子部・沖縄県立第一高等女学校)」のあった安里(あさと)地区を基点に、レンタカー(とてもじゃないけれど歩いて回る勇気は持てませんでした)で1945年の<ひめゆり>の少女たちの足跡を追った日のことです。 まるで散る以外に明日を持たなかったような少女たち。その面影を、たとえわずかなイメージであったとしても、ぼくは胸に刻んでおきたいと考えたのです。沖縄への憧れを意識した日から十四年かかってようやく沖縄にたどり着き、こうして繰り返し沖縄を訪れる以上、そこを避けて通ることは、どうしてもぼくの中で許されないことだったのです。 沖縄には対外的に、大きく分けて三つの顔があります。琉球王国においてひとつの頂点に達し、以来脈々と受け継がれてきた「歴史・文化」的な側面。世界でも有数のリゾート地に数えられる美しい「自然」。そして、否応なく刻まれてしまった「戦争」の傷跡。そこに、それらを一見超越しているようで、実のところ完全に切り離されることはない微妙な距離感を保って人々の「日常」が横たわっています。 二度目の訪沖の目線の高さを「戦跡」としての側面に合わせることに決めたのはいいけれど、沖縄の戦跡といっても、それこそ足を下ろす場所にさえ困るほど無数にあります。まずは<ひめゆり>から始めようと考えたのは、訪沖に先立つ5月に、仲宗根政善の手になる「ひめゆりの塔をめぐる人々の手記」を手に入れたことがきっかけでした。その一冊を繰り返し読んで、ガイドブック代わりに持ち歩いたぼくでした。 1945年3月24日。 「ひめゆり」最後の物語は、この日から始まります。 詳しい記録はさまざまな関係書に委ねるとして、その足跡のおおよそは以下の通りです。 米軍の沖縄上陸作戦に先駆けて慶良間(けらま)攻略と同時に始まった本島への艦砲射撃が、少女たちの運命を後戻りのできない地獄へと導いていきます。 ......

17 06, 2022

6月ワクワク体験教室「-70℃の世界」

By |2022-06-17T22:19:11+09:002022年06月17日|国分寺ニュース, 国分寺ブログ|0 Comments

6月の「わくわく体験教室」  物質の状態変化(個体⇔液体⇔気体)・ドライアイスの性質に学習したあと その性質を利用した楽しい実験を行います。 ①ドライアイスロケットを打ち上げよう! ②ドライアイスでエアホッケーをしよう! ③ドライアイス+アルコール(寒剤)=―70℃の世界(おまけのアイスキャンディを作ります。)   ■ 6月25日(土) 14:00~15:00   ■ 次世代ゼミ ファインズ国分寺スクール   ■ 対象学年  小学1年生~小学6年生(定員 先着10名) ......

13 06, 2022

【アーカイブ⑩】自分を大切に

By |2022-06-13T14:23:07+09:002022年06月13日|国分寺ブログ|0 Comments

 自分を大切にしない人は哀しい。  自分しか大切にできない人は嫌いだ。  人のために自分をすり減らす人を見ると、こちらまで不幸になる。  人を踏みにじって心に痛みを感じない奴を見ると腹が立つ。    だからいつも、ぼくは自分を大切にする。  人を踏みつけていくためではなく、人を大切にし、人を愛する資格として。  だからいつも、ぼくは人を大切にしようと思う。  自分を犠牲にするのではなく、自分を生かし、自分を完成に近付ける手段として。 文責:石井

13 06, 2022

ファインズ夏季公開テスト2022

By |2022-06-16T22:26:59+09:002022年06月13日|国分寺ニュース, 国分寺ブログ, 国立ニュース, 国立ブログ, 柿生ニュース, 柿生ブログ|0 Comments

夏休みで目標にグッと近づこう! お申し込みはこちらから ▶お問い合わせフォーム◀   中学生にとって夏休みは大きく学力を伸ばすチャンスです。 しかし、学力を伸ばすといっても、どこを伸ばしたらいいのでしょうか?今の弱点はどこにあるのでしょうか? ファインズ夏季公開テストでは学年ごとにこの夏休みまでに身につけておいてほしい基本~標準的な問題を幅広く出題します。 未履修単元は出題しませんので、中学校で学んだことがどれだけ定着できているかがはっきりと分かります。 その通りです。この公開テストを通じて、今、みなさんが課題としてる教科や単元を明確にすることができます。 でもご安心ください。私たちファインズは「絶対!見放さない塾」です。 ......

11 06, 2022

【コラム㉔】三種の神器

By |2022-06-13T13:54:53+09:002022年06月11日|国分寺ブログ|0 Comments

    名古屋に所用で出かけた際、時間が余ったので名古屋城と熱田神宮を巡りました。ちょうどよい機会かと熱田神宮にちなんで「三種の神器」について整理してみようと思います。   「さんしゅのじんぎ」「さんしゅのしんき」「みくさのかむたから」等さまざまな呼び方のある「八咫鏡(やたのかがみ)」・「天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)」別名「草薙剣(くさなぎのつるぎ)」・「八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)」を、みなさまご存じでしょうか。  古事記によれば、天照大神(あまてらすおおみかみ)は、孫にあたる「ににぎのみこと」が葦原の中つ国に天孫降臨する際にこの三種の神器を授けたとされています。   ■「八咫鏡」はもちろん鏡ですが、古代の銅鏡であると解釈される一方、古事記の記述に沿って鉄製である可能性も指摘されています。 ■「天叢雲剣」は、ご存じの方も多いと思いますが、天照大神の弟神であるスサノオノミコトが、出雲で倒した八岐大蛇(やまたのおろち)のしっぽから出てきた宝刀です。その後、天照大神の手に渡り、さらに日本武尊(やまとたけるのみこと)が譲り受けます。東征で現在の静岡まで来た時に、野原で四方八方から火をつけられて火攻めにあったとき、辺りの草を薙ぎ払い、火打石を使って逆に迎え火をつけて難を逃れたという故事以降「草薙剣」と呼ばれるようになったのです。ちなみにその場所は、現在の「静岡県焼津市(やいづし)」で、故事にちなんだ地名となっています。 ■「八尺瓊勾玉」は、その名前から大きな赤色の玉(ぎょく)でできた勾玉と考えられます。   ......

11 06, 2022

【定期テスト対策】1学期期末対策 特別映像

By |2022-06-15T20:05:47+09:002022年06月11日|国分寺ニュース, 国分寺ブログ|0 Comments

こちらのページから「1学期期末テスト対策講座」の必出問題の解説をご覧いただけます。   ◆中2数学 https://youtu.be/z6BlZeC3gOE ◆中2理科 https://youtu.be/YQTxKzjThI8   https://youtu.be/pxnstD5eZ3U   https://youtu.be/3YUTK7Wtc0E ......

9 06, 2022

【アーカイブ⑨】五月雨

By |2022-06-09T21:49:25+09:002022年06月09日|国分寺ブログ|0 Comments

 明るい空から大粒の雨の雫(しずく)が時折パラパラと落ちてくるような、そんな天気の日が昔から好きでした。見渡す限りの空間を満たして落ちてくる大粒の雨の雫のひとつひとつが光を宿して、まるで自身が光を放ってでもいるようにキラキラと輝いています。急ぎ足で駅前のロータリーを横切っていく人の波に雨の雫が降りかかると、色とりどりの傘の華がパッと一斉に咲きます。  空のどこか高みに風の通り道があるのか、雲のかたまりがびっくりするほどの速さで北へ流されていきます。空はどこか明るくて、今にも雲が切れそうです。その雲の上では日毎に光の飽和したあの夏の空が用意されていきます。そして地上には、一体誰の粋な計らいか、その空の色を写した紫陽花の花……。  そんなふうに考えれば梅雨も案外捨てたものではないですね。    ご存知のように「五月雨(さみだれ)」の「五月」は旧暦の五月であって、つまり「五月雨」とは「梅雨」を指す言葉であります。従って「五月(さつき)晴れ」は「梅雨晴れ」ともなり、梅雨の合間の晴れた日を表現した言葉という理解になります。ところが、字面に導かれてか、これらは「五月の雨」「五月の気持ちよく晴れた日」とのイメージが強い気がするのです。ただし現代では「五月晴れ」に限って新暦をそのまま当てはめて後者の扱いも許容されます。    この「五月雨」という言葉、「古今集」以来用いられてきた雅語(がご)で、対して「梅雨」は俗語となります。「さみだれ」を「小乱れ」に掛けて恋に心乱れる様を歌ったわけですが、いかにも平安歌人らしい気がしますね。    ところでこの季節、空模様だけでなく、ぼくらの生活そのものもどこかはっきりしないぐずついたものになりがちです。季節感と生活心理との呼応は恐らく間違いのないことで、日本人はそういった傾向がことさら強いようですが、だとすればなおさら、心にも「五月晴れ」の一日を用意する工夫が必要になってきます。心までカビてしまわないように、しっかりと心の窓を開け放ち、新鮮な風を送り込んでやりましょう。   ......

Go to Top